1. ホーム
  2. ≫ドモホルンリンクルが目指すコミュニケーションとは

ドモホルンリンクルが目指すコミュニケーションとは

Pocket

コミュニケーション

化粧品を通して、「心のおつきあい」をすること

顔が見えないからこそ心から満足いただける会話を目指して!

1974年に誕生してから今年で42年。
ドモホルンリンクルは、年齢肌のための基礎化粧品として、「シワ、シミ」一筋に研究を重ね、磨き上げられてきました。

ドモホルンリンクルが目指しているのは、生涯にわたって安心して肌を託すことができる

「生涯化粧品」

です。

私が困っている、悩んでいる肌のケアについて、相談できるパートナーでありたい、という姿勢が伝わってきます。

ドモホルンリンクルは、作りたての製品を直接私たちに届けたい、という思いから製販一体の通信販売スタイルです。

また、ドモホルンリンクルの注文は、電話が多く7割近い、とも言われています。

対応するのは、500名以上のプリーザーです。

普通の会社は、カスターマーサポートとかいろんな言い方があると思いますが、ドモホルンリンクルでは、「プリーザー」と読んでいます。

現場では、「お客様の立場になりきる」ことを常に心がけ、コミュニケーションを取っています。

同じ濃さのシミ、同じ深さのシミでも、人によって捉え方は、違います。

少し気になるかな〜、という人もいれば、すごく気になって、深刻な悩みになっている人もいます。

悩みは心のあり方で、肌の表面だけを知っても意味がありません。

これが、「お客様の立場になりきる」という姿勢に現れています。

肌表面の悩みだけでなく、心理的部分も理解することで、ユーザーに満足していただく。

ここが他の化粧品会社との大きな違いです。

生活環境やライフスタイルなども含めてヒアリングして、心と心が通い合うコミュニケーションを行っています。

<トークマニュアルがない>

プリーザーには、トークマニュアルがありません。
他の会社は、マニュアル化しているところが多いのですが、プリーザーは、お客様カルテにデジタルペンで記入し、購入履歴や悩みなどはデジタルデータ化され、全員に共有されます。

<品質へのこだわり>

安全性を重視して選定した天然原料を使い、医薬品製造レベルの清潔な工場で作られた製品は、幾度もの品質検査を経て工場から直接、私たちのもとに届きます。

綿密な生産計画を立てており、作り置きがありません。


ドモホルンリンクル口コミガイド

Pocket